保育園の特徴

保育の理念

 社会福祉法人 洛西永正福祉会の運営する保育園は、児童福祉法に基づき、「保育に欠ける」乳幼児の保育を行うが、保育にあたっては子どもの人権や主体性を尊重し、児童の最善の幸福のために保護者や地域社会と力を合わせ、児童福祉を積極的に増進し、地域における家庭援助を行う。

尚、児童の福祉を積極的に進める為に職員は豊かな愛情を持って接し、児童の処遇向上のため知識の修得と技術の向上に努める。
 又家庭援助の為に常に社会性と良識に磨きをかけ相互に啓発するものである。

保育の基本

1. 養護と教育が一体となって豊かな人間性を持った子どもを育成する。
2. 子どもが健康、安全で情緒の安定した生活が出来る環境を用意し、自己を十分に発揮しながら活動する事が出来るようにする事により健全な心身の発達を図る。
3. 職員が保育に臨む基本姿勢にあたって、子どもや家庭に対して分け隔てなく保育を行い、人権を尊重し、宗教的な慈愛の心で子どもの育ちを援助するものである。
4. 保育に関する要望や意見や相談に際しては、分かりやすい用語で説明をし、公的施設としての社会的責任を果たす。

リトミック

給食のお手伝い

保育目標

 本園は児童福祉の精神に基づき、子どもの福祉を積極的に推進するとともに、その子ども達が現在を最もよく生き、望ましい未来を造り出す力の基礎を培う事を保育の目標とする。
 そして子どもたちの望ましい成長発達は、家庭生活と園生活の生きたむすびつきがあってこそ、より完全なものとして個々の子どもたちに保障されるという考えの上に立ち、常に園と家庭とがより良い関係を保つ努力をする。
 そして、仏教保育の精神『あらゆるものの生命への慈しみの心を育てる』を基本精神とし、次の目標を掲げ、一人一人の子どもを大切に保育を進めていく。

1 健康に子どもを育てる
活動の土台となる健康を推し進め、基本的な生活習慣をきちんと身に付け、早寝早起きなどのきちんとした生活リズムの中で生活する。
2 やさしい気持を育てる
あらゆるものの生命への慈しみの心を育てる。
3 落ち着いてしっかりとよく考えられる子どもを育てる
日常のいろいろな生活経験を通し、自分の考えで行動し、人の話もよく聞き、人に話すことも充分にできる。
4「お互いに認め合える集団の一人となれる子ども」を育てる
お友だちを大切に思い、他を認め、人の痛みをわかろうとする態度を養う
     

 そして、子どもたちのまわりに立つ私達大人の生活する態度や生きる姿が、環境として、子どもたちの育ちに大きく影響する事を自覚し続け、一人一人の子ども達を心から大切に思い、日々研鑽を積み、知識の習得と技術の向上に努めていきます。
 そして子どもたちが地域の人々との交流を持ち、社会体験の場を広げることが出来るように地域社会と協力し、信頼を得られるように取り組んでいきます。      

保育課程 (PDF)

     

保育内容と年間行事

乳児クラス(0〜3歳未満児)
 個々の成長発達に合わせた月齢(年齢)でクラス編成をし、ゆったりとした雰囲気の中で、あそび、休息をし、バランスの良い栄養をとり、規則正しい生活習慣を身に付けることを基本としています。それを土台として、基本的な人と人との信頼感を持ってくれるよう、一人一人を丁寧に受け入れ愛情をそそいで保育していきます。
 そして、個々の発達に見合った環境を整え、子どもが「自分でする」という意欲的な育ちの姿となるよう援助していきます。

調理風景

幼児クラス(3歳〜5歳児)
 幼児においては、午前中の保育は各年齢クラス毎の設定保育とし、年齢に合った課題を達成します。午後からは、3、4、5歳を混合して4つのきょうだいグループを編成しています。午前中は各年齢の課題に合った活動で、発達年齢にあった経験をし、午後からは、異年齢の集団の中で遊びや生活のルールを教えたり、考え出したり、又、年上の子に憧れを持ち、頼り、年下の子を助け合うなど、子ども同志の中で、自然と人にかかわる力が育つように配慮しています。
 そして、ここで大切にしている事は、「自分のことは自分で出来るようにする」「友だちと一緒にできるようになる」という事と、個人個人の思いを充分に発揮しながらも、がまんしたり、ゆずったり、ゆずってもらったりしながら、社会性の発達を促し、集団(みんなの中で)として成長していく事をねらいます。