• 京都府向日市にある幼保連携型認定こども園のあひるが丘こども園です

毎日暑い日が続きますが、皆さん体調を崩されていませんか?

ぱんだ組の子ども達は元気いっぱいで過ごしていますよ!!

毎朝、体操が終わると「トマトちゃんにお水をあげよ〜!」とジョウロを持って育てているトマトに水をあげます。

ぱんだ組のベランダにも一つプランターがあり、「お部屋のトマトちゃんにもお水をあげなきゃ!」と水やりや朝の活動を楽しみにお部屋に向かう子ども達です。

朝の活動では毎日必ず、お歌を歌います。今は[メダカの学校][あめふりくまの子]の歌を歌っています♪

お歌が終わると、名前を呼ばれて「はい!」と元気に返事をしています。ぱんだ組の14人の子ども達が揃わない日は、お休みの子がいる事にも気づけるように関わっています。「今日は〇〇ちゃんと〇〇君がお休みやで!」と子ども達の方から教えてくれる日も出てきましたよ。

そして、今、子ども達が大好きなのが「ねこときどきらいおん」の曲に合わせて動物になったつもりで体を動かす事です!!

みんなで一緒にしたり、「お客さん」と「体を動かす子」とわかれてお友達の表現を見る時も作っています。「○○ちゃんのらいおんは大きくて強そう!!」「〇〇ちゃんの金魚は泳ぐのが速いね」と友達や保育教諭に自分の表現を認められ、それがまた自信となり、“もっともっと”と表現が楽しくなっていきます。誰かに認められるというのは大きな自信となり、次への意欲となります。

お茶を飲んで水分補給をした後は、リズム運動をして遊びました。お友達とお散歩〜♪と音楽に合わせて歩いていると、色々な動物さんに会いましたよ。

赤ちゃんお馬

お尻を上げてお兄ちゃんお馬

あひるちゃん

かめ

金魚

リズムに合わせて楽しく体を動かしながら手の指先、足の指先にしっかり力を入れたり、背骨をしっかり伸ばして頭を上げたり、背骨を柔かく使ったり。子ども達が意識できるよう体に触れながら援助をしています。

子ども達の活動は「楽しい」気持ちが土台となります。その楽しい遊び(生活の様々な事も子ども達にとっては遊びの一つですね)を通して「やってみよう!!」「やってみたい!」という意欲が生まれ、やってみて“出来た”という経験が自信となり、また次の意欲へと繋がります。

沢山動いてお腹もぺこぺこになった子ども達。美味しい給食をいただきます。

これからも楽しい遊びを通して、子ども達の育ちを引き出していきたいです。