• 京都府向日市にある幼保連携型認定こども園のあひるが丘こども園です

昨日のお芋掘りが楽しかったようで、朝からお芋の話が。

「おいものポテトサラダたべた!」

「おいもゆがいてたべた」

「おいものポテトチップスつくるねん!」

「おいもごはんたべたいな」など、昨日掘ったお芋を晩ご飯で食べた子がいたり、どうやって食べようかと話していましたよ。

 

そして今日は、昨日頑張って掘ったお芋の絵を描きました。

『おいも』という絵本を見てから…

 

お部屋に入り、昨日のお芋がどんな形だったか、何色だったかなど話しながらイメージがどんどん膨らんでいく子どもたち。

「こーんなにおっきいおいもやったなー!」

「まんまるのおいももあったし、ほそながいのもあったね」

 

お芋のイメージが膨らんだら、さあ描こう!

絵の具(お芋)がポタポタ垂れないように、手をお皿にして自分の画用紙(土)まで行きます。

 

大きなお芋、細長かったり丸いお芋、ミミズ、お芋掘りをしている自分など経験した事、見たものを画用紙(土)に思い思いに描いていましたよ。

 

葉っぱとつるをつけたら完成!

「ながーいつるやで!」

 

「うーん抜けへんなぁ」

 

できたお芋は、お芋畑みたいに並べて置きました。

「ここにわたし/ぼくのおいもがあんで!」

 

お芋畑にたくさんのお芋ができました!

お芋を踏まないように真ん中を歩いたりケンケンしながら通って、給食を食べに行く子もいましたよ。

 

給食の用意もみんなでして、椅子を運んだり、テーブルクロスを敷く、テーブルを拭くなど自分たちで「○○するわ!」と何を用意したらいいか考え、お手伝いをしてくれました。