• 京都府向日市にある幼保連携型認定こども園のあひるが丘こども園です

今日はおもちつきがありました。

昨日に、もち米を洗って今日の用意をしていた子ども達。

おもちつきを楽しみにしていたので、朝登園するとお当番を先に始める姿もありました。

臼や杵を用意したり、もち花を作る用に柳の木の枝から葉っぱを取ったり、みんなでもちつきを始める準備をしました。

エプロンと三角巾を身に付けておもちつきスタートです。

給食の先生が蒸して下さったもち米を、お手伝いに来てくださったお父さんや先生たちがついていきます。

それに合わせて「よいしょー!よいしょー!」と元気よくかけ声をかけ、みんなで雰囲気を盛り上げます。

「なんかいいにおいしてきたー!」「早く食べたい!」「杵重たそうやな!」と子ども達。

つきたてのおもちを丸めて柳の木につけ、もち花を作っていきました。

その隣では、お父さんや先生たちがお雑煮用のおもちを丸めて下さいました。

お父さんのおもちをつく姿をしっかり見て、次は子ども達の番です。

おもちが伸びて伸びて重たい杵が、より一層重たく感じました。

「よいしょー!よいしょー!」

グループ毎にみんな順番についていきましたよ!

「重たかったー!」と子ども達。

大人も子どもも一緒になってついたおもちを、きなこにまぶしてその場で頂きました。

美味しくておいしくて大事に大事に食べていましたよ!

残りのおもちは、給食の時にみんなでおいしく頂きました!

本日、お手伝いをしてくださったお父さん方、ありがとうございました!!

 

 

おもちつきの後、ごりら組の子ども達は裏山で王様とりの続きをして遊びました。