• 京都府向日市にある幼保連携型認定こども園のあひるが丘こども園です

先日から、ピアニーを経験し始めたばんびぐみさん。保育園には、ピアニーのほかにももっとあるという事で、大型の楽器を置いている本堂へ行き、鳴らしてみる事にしました。先週に先にそら・にじぐるーぷがやり、今日は、かぜ・ほしぐるーぷの番です。

「あれ、木琴やろ。知ってるー。」「大太鼓、やってみたい!」と楽器を見てウキウキする子どもたちです。

1つ1つの楽器をならして名称を知っていきました。担任が鳴らす音色に興味津々です。

 

 

ジャーンと大きな音の響くシンバルでは鳴らすよ、と声をかけると耳をふさぐ子もいます。「大きな音だけど、耳の痛くなる音ではないよ。」というと、恐る恐る手を耳から外し、ジャーンと鳴らすと、「ホンマや!!うるさくない!!」と子どもたち。今までの経験から大きい音=うるさいと考える子が多いですが、大きい音とうるさいは同じではないことを感じてもらいました。

 

そしていよいよ、子どもたちの番です。全部の楽器を交代で鳴らしてみました。

 

 

「次は、これやってみたい!!」「ボクこっち!」と交代していきます。

 

 

1つの楽器づつ「ば・ん・び」と3つ音を鳴らしていき、毎回最後にみんなで「ば・ん・び」とあわせて3つ鳴らします。1つ1つの音も楽しいけれど、みんなで3つそろえるのも楽しかったですよ。

 

 

全部やってみた後、一番面白かったのはどれだった?と聞くと、大太鼓、小太鼓、鉄筋、トライアングル、カスタネット、バスキー、と色々出てきました。一人一人に好きな音があり、「あー楽しかった!」と言葉の出るばんびさんでした。