• 京都府向日市にある幼保連携型認定こども園のあひるが丘こども園です

5月25日(土)に遊具作りの会がありました。とても暑い日でしたが、お父さん・お母さん・おじいちゃん・おばあちゃんたちが子ども達の為にと参加して頂き、子ども達の為に遊具の修理をしたり、新たな遊具を作っていきました。

参加者みんなで“エイエイオー”と気合いを入れ、作業に向かいました。

 

今年は4つのチームに分かれてそれぞれ任された作業を力を合わせ、又会話を楽しみながら進めてもらいました。

 

竹馬の高さを調節したり、修理するチーム

 

木のテーブルにペンキを塗ったり、園庭の木々の名札を作るチーム

 

前の園舎の園庭にあったヒマヤラ杉やかりんの木を使って、平均台を作るチーム

 

一本下駄・竹ポックリ・裏山で使うテーブルの修理をするチーム

どのチームも作っていきながら園での様子を職員と話をしたり、子育ての話を保護者同士で話すなど、和気あいあいと和やかな雰囲気で進んでいきました。そして早く終わったチームは他のチームを助けるなどして、協力し合いながら全ての人が子ども達の為に、と汗を流して頑張っていました。出来上がった時には、どの方も満足した表情や達成感が表れていましたよ。

 

そして本日(27日)に早速、子どもたちに皆さんが作ったり、直したりして下さった遊具を紹介しました。

土曜日にお父さんやお母さん、おじいちゃん、おばあちゃんが来て下さり、一生懸命作って下さったことを伝えました。大切に使わせていただきます。ありがとうございました。