• 京都府向日市にある幼保連携型認定こども園のあひるが丘こども園です

今日は園全体で避難訓練をしました。

訓練の放送が鳴り、今日は地震を想定しての訓練なので、頭を守って避難の放送を待ちます。

防災頭巾もかぶって、園庭に避難をしました。

お部屋に戻ってから今日した事をもう一度確認してみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

火災の場合は煙を吸ってしまわないようハンカチで口と鼻を覆いますが、ハンカチを持っていた子は数人。

持って来ていたのにロッカーに置いていたりする子がいたので、ハンカチはポケットに入れる事と毎日持ってこようねと話をしました。

 

避難訓練をした後、みんなで豆苗の様子を見ました。

みんなで見られるように、手を繋いで大きな丸を作ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな丸が出来上がると嬉しくなって思わずにっこり!

まず保育者が豆苗を覗いてみると、「なになに?」「はやくみたいなー!」とワクワクしてる様子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「こーんなにながくなっているかな~?」

 

順番に回して見ていき、昨日よりも芽が長くなっているのに気づいたり、長く伸びた芽をチョンチョンと触ってみたりと豆苗の生長を喜んでいましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、昨日描いた絵を豆苗のおうちに貼ってあげようとのり付けをしました。

画板のところに2人組になって座り、昨日描いた絵の中から2つ選んでのりを付けていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“ありさんのご飯くらい”とたっぷりのりを付けるのではなく、指にのりを少しずつ付ける事を意識してしましたよ。

両面に描いた子は、見せたい方の絵を選んでのりを付けていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

端っこもしっかり塗っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

お友達の絵が隠れてしまわないように、慎重に貼っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おうちの中も素敵にする!と、段ボールの中にも貼っていましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とっても素敵なおうちができました!

ぱんだぐみのお部屋にあるので、また子どもと一緒に見に来てください!

豆苗のおうちを作りながらもクッキングの話が出てきて、来週のクッキングも楽しみにしている子どもたちでした。