• 京都府向日市にある幼保連携型認定こども園のあひるが丘こども園です

11月より幼児組では、マラソンを始めています。先日までは園庭の中だけだったのですが、ごりら組・ばんび組は保育者が角々につき見守る中、子ども園の横の道に走りに出ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

これから寒くなっていきますが、身体をうごかして自分で熱を作って体を温める事をしていきます。服やエアコンで守るだけでなく、身体作りをしていきたいと思っています。

 

今日は月曜日なので、朝礼がありました。

主任先生から”おちかいの言葉”の中にある”悪い事はすぐやめます”という事を実行できていたごりら組の子の姿や、竹馬と竹のぼりを運動会後もあきらめず、毎日頑張っておけいこを続けているごりら組の子の姿をみんなの前で紹介してくれました。「僕も知ってるで。」と頑張っている友達の姿を知っている子も多く、みんなで応援も続けていこうと話をしています。

そして、園庭の新しくできた畑の話がありました。今までプランターで栽培していましたが、あひる小屋の横に新たに畑が整備されました。3月に卒園するまでに収穫できる野菜はないか、考えてみる事になりました。人参、さつまいも、イチゴ…など案も出ましたが、植え込み時期が違います。もう少し考えてみる事になりました。最後は静かに歩いてお部屋に帰ります。

 

朝礼の後、身体測定と月間絵本の名前書きをしました。少しずつ文字に興味の出てきたごりら組の子どもたち。自分の名前を書くことに挑戦です。書けない文字は、友達に助けてもらったり、保育者に書いてもらったり、”あいうえお表”で調べて書いてみたり…。今は正しくかける事よりも、文字を書いてみたいと興味を持つためのきっかけにしたいと考えています。