• 京都府向日市にある幼保連携型認定こども園のあひるが丘こども園です

ごりら組の子ども達がとっても楽しみにしていたお別れ遠足のそりすべりに行ってきました。このあたりは、あいにくの雨… しかし、用意していただいたスキーウェアに身を包み、子ども達はルンルンと楽しげにバスが待つ場所へ出発です。

約1時間位バスに乗り、びわこバレイに到着です。「雪、見える?」「ないで~」とさすがに心配そうにする子ども達でしたが、現地のスタッフの方が「上には雪あるよ~」と教えてもらい、ゴンドラ乗り場に向かいました。

 

さぁ、〝そりすべり“の歌でうたってきた ♪ガタン ガタン シュー♪ のゴンドラに乗り山頂へ向かいます。

ゴンドラの中には他のお客さんもたくさんおられてギューギュー!! 少しゆれるのが怖いと感じる子もいましたが、初めてのゴンドラにわくわく嬉しい子どもたちでしたよ。

山頂駅につくと、「あっ!!雪あった!あった!!」と雪を見て大興奮ですが、まず、荷物を置いて身支度を済ませにレストハウスへ。

お茶を飲み、トイレをすませ、上着をしっかり閉める。ウエアーのズボンのすそはブーツの外側にする。帽子・手袋をはめたら準備OK!!そりゲレンデに出発です。初めにスタッフのお姉さんから注意事項を聞き、遊び始めました。

例年は、そりすべりの丘の上までは、自分の足で上がって滑っていましたが、今年は雪不足で場所も少し制限があり、設置されたベルトコンベアでしか上がれないルールになっていて残念。やはり、坂でこけたり、少ししんどい思いもしつつ、自力で上ってからシューっと滑ってくる爽快感を感じたい所でしたが、仕方ありません。「一人で滑る!」「〇〇ちゃん一緒にしよ!」とどうやって滑るか考えながら、ベルトコンベアに乗り込みます。

丘の上ではお手伝いに来て下さった保護者の方が、安全に見守ってくださる中、「行きまーす!!」という元気な声のもと、シューッと滑っていく子どもたち。

「キャーッ、雪が顔にかかった~!」「途中でこけたぁ~」と大笑いしつつ遊びました。

 

 

お昼ご飯は、用意して頂いたお弁当。

とっても嬉しそうに食べていましたよ。ご準備ありがとうございました。

 

午後からもうひと滑り。雪遊びコーナーでは、雪合戦をする子もいて、雪の中走り回りました。

「楽しかった!でも、もっと遊びたい!!」と言いつつ、あっという間にゴンドラに乗る時間です。例年にない雪不足でしたが、楽しみにしていたそりすべりができ、本当に良かったです。あひるが丘で過ごす日々も残り僅かになってきたごりら組。小学校へ送るまでの日々を大切に、子ども達と充実した毎日を送っていきたいと思います。最後になりましたが、引率してくださった保護者の方のおかげで安全に遊ぶことができました。ありがとうございました。