• 京都府向日市にある幼保連携型認定こども園のあひるが丘こども園です

先週の金曜日、運動会の種目の1つ、ごりら組とばんび組による「野外劇」の練習をしました。

野外劇は身体表現を楽しむことをねらいにして取り組んでいます。

今年の野外劇の題材は「いっすんぼうし」です。

 

ごりら組が、いっすんぼうし役・お姫様役・鬼役に分かれて表現をし、

 

ばんび組が針役・さかな役に分かれて楽しみます。

 

この日は初めてそれぞれの役の衣装を着て練習しました。

 

ひつじ組・ぱんだ組・乳児クラスの子ども達や先生たちが見守る中、野外劇が始まりました。

 

 

初めに登場するのはいっすんぼうしです。

順番に足を振り上げる振りがとてもかっこいいですよ!

 

続いて、いっすんぼうしと一緒に都を目指す針たちの登場です。

 

自分でキラキラテープを貼って作った針を、上に下に横にチクチクチクー!!と動かし、元気いっぱいに踊っていましたよ。

 

 

いっすんぼうしと針が川を下っていくと、川で楽しそうに泳ぐさかなに出会いました。

 

青・オレンジ・黄の衣装に、自分たちでウロコを付けた衣装を着て登場します。

 

友だちと2人組を作り、手をつないでユラユラしたり、川の中をすいすいと泳いでいるつもりになって走ったりと、楽しそうに踊っていました。

 

 

都につくと、きれいな着物を着たお姫さまが待っていました。

 

和風の曲に合わせ、ゆったりと舞い踊っったり、アップテンポに踊ったりしてお姫様の表現をしています。

 

 

そんなお姫さまを捕まえようとやってきたのは鬼たちです。険しい表情と荒々しい動きで、怖い鬼を表現しています。

 

戦いの場面では、

いっすんぼうしがお姫様を守ろうと、鬼の口の中へ飛び込みます。

 

そして、みんなでチクチクチクー!と鬼のおなかを針で刺し、鬼を追い払いました!

 

 

最後はみんなでフィナーレです。

 

 

 

運動会当日は、ドキドキしたり、ワクワクしたりと、いろんな姿を見せる子ども達だと思います。

 

皆さん温かく見守ってあげてください!

 

そして、一緒にいっすんぼうしの世界を楽しんでくださいね。