• 京都府向日市にある幼保連携型認定こども園のあひるが丘こども園です

 

雨が降り、少し肌寒い日が続いていまね。肌寒くても元気に過ごしているひつじ組の͡子どもたちの様子をお知らせしますね。

月曜日から育て始めた豆苗。毎朝、豆苗のお家を覗いたり、水やペーパーを変えたり、種だったところから芽が出てきてぐんぐんと伸びてきています。「早く食べたいな~」「葉っぱはまだない」「長くなってきてる」と豆苗の生長を毎朝楽しみにしている子どもたちです。

 

 

その後はおはようの集いをしました。名前を呼んだり、歌を歌ったり、今日の歌は「むしのこえ」と「つき」を歌いました。部屋に貼っている歌詞カードを指差し「今日はこっちからがいいな~」等言いながらいつも楽しんで歌っています。

 

さぁ、今から楽しい活動の時間!絵の具を持って来ているのを見ていた何人かの子どもたち。

「絵の具やろ~!!」「やった~!」とわくわくしている様子。今日はお芋の絵を描いて遊びました。

「おいも」の絵本を見てからこの前見たお芋の話をしたり、どんな形だったか、何色だったかな~などイメージがどんどん膨らんでいく子どもたち。

「こんな大きいのもあった」「小さい赤ちゃんのもあったよ」と子どもたち。

 

 

お芋のイメージが膨らんだ所でさぁ、描こう!

「大きいのやで~」「皆、食べられるで~」「これはお母さんのお芋で、赤ちゃんもいるねん」と一人一人がイメージを膨らまし、絵の具のトロトロとした感触を楽しみながら描くことを楽しんでいました。

出来たお芋の絵を見て思わず匂いを嗅ぐ子もいました。

 

 

後片付けも自分たちで進んでしました。

 

これからもつもりになって描く事や様々な造形遊びを楽しんでいこうと思います。