• 京都府向日市にある幼保連携型認定こども園のあひるが丘こども園です

雲一つない秋晴れとなった昨日。遠足へ行ってきました。

“ごりら組しか乗っていないバス”も特別で嬉しい子ども達です。

バス停に到着!!山の入り口を目指します。

歩いていると、色づく木の葉や、雲のない空、どんぐり等、季節の移り変わりに気付きます。

入り口に到着しました!!「さぁ、登るぞ!!」

山の斜面ではしっかり足を踏ん張り、足元を確かめながら登ります。

途中で折り返して下ります。すれ違いながら子ども達同士で「また後でね~!!」と声を掛け合いました。山では色々な人とすれ違います。「おはようございます」「行ってらっしゃい」「気をつけて」と挨拶や言葉を交わすことも社会と関わる大切な経験ですね。

下りは滑りやすいので”より”慎重に足を踏ん張りながら歩きます。

山を下りた後は公園を目指します。足元には落ち葉がいっぱい落ちていました。「歩くとカサカサ音がする!!」「ほんまや!!」と踏みしめながら歩くのが楽しい子ども達です。

公園に着いたらまずはお弁当。お腹はペコペコです。お弁当を開けると、嬉しそうな声が聞こえてきましたよ。

ご飯を食べた後はバスの時間まで目一杯体を動かして遊びました。

「そっちにいたで!」「今跳んで行った」とバッタをみんなで追いかけます。

「今日は雲が全然ないなぁ~」と空を眺める姿もありました。

散策をしていると「葉っぱのお家」をみつけましたよ。

「虫取り網がないから木の枝と蜘蛛の巣で作ろう」と蜘蛛の巣を絡めとっています。

斜面も子ども達にかかれば大きな滑り台になります。

楽しい事をみつけるのが大好きな子ども達。「楽しそう!!」「やってみたい!!」と心が弾むと体が動き出します。段々みんなが斜面に集まってきました。

山の登り始めは恐々と登っていた子もいましたが、足を踏ん張ったり、木を支えにして掴んだり、何度も繰り返すうちに自信をつけて登る姿がありました。前を歩いている子が「ここ、滑りやすいよ」と後ろの子に伝えたり、「あとちょっとやで!!頑張れ!!」と励まし合う姿もあり、日常の保育はもちろんですが、同じ経験を共有する事で友達との関係が深まるのを感じます。

子ども達のその身を通した経験(何度も滑ったけど足を踏ん張ったら滑らなかった・最初は怖かったけどやってみたら登れた・木の枝や葉っぱの隙間から見える太陽の光を”木漏れ日”って言うんだ等々)は自信になるのはもちろん、子ども達の心を豊かにします。特別な事は必要ではなく、日常の中で季節の移り変わりに目をとめたり、生活の中での子ども達の気づきなどを大切にしていきたいですね。