• 京都府向日市にある幼保連携型認定こども園のあひるが丘こども園です

今日はひつじぐみ・ぱんだぐみ・ごりらぐみと発表会のおけいこの日!

今日まで遊んできた劇遊びや合奏をお客さん(他のクラスの友達や先生)に見てもらう日です。

 

お客さんが来てくれるという事で「ドキドキする!」と緊張している子もいましたが、顔はニッコリ笑顔で、楽しみな気持ちもあるばんびぐみの子どもたちです。

 

~ひつじぐみ 劇遊び『つのはなんにもならないか』~

 

~ぱんだぐみ 劇遊び『ねずみのよめいり』~

 

次はばんびぐみ『めざめのもりのいちだいじ』の劇遊び!

めざめの森に春がやってきました。

春になったので雪が溶けてミツバチさんのおうちが倒れちゃう!

困っているミツバチさんを見て、ヤマネくんが助けを呼びに行きました。

するとヘビさんが…

「きいたぞきいたぞ!ミツバチのおうちがたいへんなんだって!」

「カラスのおやぶんにほうこくだー!」

 

「おやぶん、いいことききましたよ」「えー!なんだって!」

 

「みんなでひっぱってみよう」「♪うーんとこしょ どっこい!」

 

「おれたちのだーいすきなはちみつをいただくぜ!カァカァカァ~!」

 

「なんてひどいカラスなんだ!」「みんなでちからをあわせよう!」

 

と、ミツバチさんの大切なおうちを取り返す為に、ヤマネ・ミツバチ・カエル・モグラ・クマたちが力を合わせます。

どうやって取り返すかは、発表会までお楽しみに!

 

劇遊びが終わると「あードキドキした」と話していたり「ここドキドキしてる」と心臓の鼓動を感じている子が。

でも「たのしかった!」の声が一番大きかったです!

そして、❝お母さんたちにも見てもらいたい!❞と発表会で見せる事も楽しみにしていましたよ。

 

~ごりらぐみ 劇『猫山』~

 

 

劇の後は合奏もしました。

~ばんびぐみ 勇気100%~

 

~ごりらぐみ 麒麟が来る~

 

 

ばんびぐみの合奏の後、見ていてくれたごりらぐみさんから「音が合っていて綺麗だった」「みんな(楽譜を)覚えていてすごい!」「〇〇ちゃんの歌がよく聞こえていた」など、たくさん良い事を言ってくれて、「もっとがっそうしたい!」と❝もっと見てもらいたい❞気持ちが膨らむ子どもたちでした。

「見てもらいたいけれど、ドキドキする」と感じている子どもたち。これからも他のクラスの友達や先生に見てもらい、良いところを褒めてもらったり、友達のよかったところを言葉にして話したりする中で❝見せてあげたいねん❞という気持ちをどんどん膨らませていけるよう、遊んでいきたいと思います。