• 京都府向日市にある幼保連携型認定こども園のあひるが丘こども園です

今日はばんび組の部屋で朝の会をしてから、ホールでオセロゲームとカプラを使ったゲームをしました。

オセロゲームでは、にじとかぜぐるーぷが赤チーム、ほしとそらぐるーぷが白チームになって、赤と白が表裏になっているカードを制限時間内に自分のチームの色に返していきます。そして笛の音が鳴ったらストップ!白チームか赤チーム、どっちの色のカードの方が多いかで勝負が決まります。

「絶対に勝つぞ!」と勝負に燃える子ども達。ルールが分かってゲームスタート!

一回戦は赤チームの勝ち!二回戦は白チームの勝ち!三回戦は赤チーム!と二対一で今日のオセロゲームは終わりました。

最後に負けた白チームの子ども達は悔しくて涙を流す姿もありました。次こそはがんばるぞー!

その次は友達と2、3人組になって、カプラをどれだけ高く積めるかを競いました。

「一緒にやろ?」と友達と誘い合って組める姿もあれば、なかなか思いを言えずに組めない姿もあります。少し大人が入って、「ホンマは〇〇ちゃんとやりたかってん。」「〇〇くん、一緒にやろ?」などと自分の思いを言葉で友達に伝えらるように手助けします。

思いを伝えても思い通りに出来る時ばかりではありません。

「今日はもう〇〇ちゃんとするって決めたからできひんねん」

「じゃあ次やる時は一緒にしよ?」

「わかった」

「ぼくたちの所やったらまだいけるで!くる?」

「うん、入れて!」

等と大人も助けながらお互いの気持ちに折り合いをつけていきます。

こんな風に遊びや生活の中で、言葉を通して友達とつながる楽しさが十分に感じられる様にしていきたいと思います。

そのチームごとにどうやったら高く積めるかと考え、色んな積み方をためしてみる子ども達。

せっかく高く積み上げたのに崩れてしまっても、友達となら「もう一回しよ!」と気を取り直してまた頑張ろう!という気持ちが出てきます。

「こうやってみよ!」「さっきこれで倒れたし今度はこうしよ!」「もー!当たったから倒れたやんか!」などなど色んな言葉を通して遊びました。

 

昨日の様子も少しだけ!

こいのぼりのうろこ作りをしました。

はさみを使う上での約束事をしてから、はさみと折り紙を使って切り絵を作りました。

そのうろこは今日にごりらさんが大きなこいのぼりに貼り付けてくれました。

来週から毎朝園庭に泳がせます!また見てみてください。