• 京都府向日市にある幼保連携型認定こども園のあひるが丘こども園です

 

気持ちのいいお天気でしたね、朝の園庭は子どもたちの楽しそうな声が沢山広がっていました。

少しづつクラスやぐるーぷでの生活も慣れてきているひつじ組の子どもたち。今日はひつじ組の一日の様子をご紹介します。

<朝の園庭での様子>

「きのこがあった~!!」嬉しそうな声、じーっと興味津々で見ていました。隣でお兄ちゃん、お姉ちゃんたちが「食べれるかな~」という声にさらにわくわくしている様子。

 

他には何かあるかな~と探しに行く子どもたち。桜の実を見つけて緑色の実や赤い実を沢山集めていました。

 

「見て~!」「あった~!」と嬉しそうな表情。大切に大事に手に持っていましたよ。

 

その他にも、虫探しや砂でご飯に見立てて遊んだり、リアカーを押して遊ぶ等々好きな遊びを見つけて楽しんでいます。

沢山遊んだ後は、お片づけをして体操の前にこいのぼりがあがるのを見ました。ごりら組さんが貼ってくれたうろこの中からひつじ組で作ったうろこを見つけて「あった!」と嬉しそうな子どもたち。

是非、子どもたちと見て帰って下さいね。

<シール貼遊び>

朝の集いをした後、今日はシール貼りをして遊びました。

ビニールテープでそれぞれ違う仕掛けのある画用紙を自分で選び、シールを貼っていきます。

シールを並べたり重ねたり、シールを○○見たい(アイス、電車など)と見立てたり構成して貼るなど一人一人が思い思いに貼って遊ぶ事を楽しんでいました。

 

みんなとっても真剣な表情でした。ひつじ組に飾ってあるので子どもたちと是非見て帰って下さいね。

シール貼りの後はぐるーぷで美味しい給食をいただきました。

 

これからも色々な素材に触れたり、遊びを通して子どもたちの発見やこんなのが出来たなど思いに共感する中でもっとこうしてみよう等、意欲的に遊ぶ楽しさを感じられるよう保育してきたいと思います。