• 京都府向日市にある幼保連携型認定こども園のあひるが丘こども園です

 

感触遊びが大好きなりす組の子ども達!

昨日と今日で半数ずつ、コーンスターチ粘土で遊びました。

以前からコーンスターチの他にも、小麦粉粘土やパン粉粘土など、様々な素材を使って、様々な感触を楽しみながら、ちぎったり、こねたり、くっつけたり…と指先の力を使いながら遊んできました。

コーンスターチ粘土は、コーンスターチと重曹、水を合わせて鍋で煮詰めて作ります。

ふわふわの感触で、子どもの力でもちぎりやすいです。

 

 

「なんだろうこれ…?」

 

 

「つんつん!」

 

 

白くてふわふわの粘土を見た子ども達は興味を持って、しかし最初は恐る恐る、指先で感触を確かめていました。

つついてみると…やわらかくて気持ちいい!

 

 

ちぎったり、こねてみたり、並べてみたりと、形を変えていきながら楽しんでいました。

 

そして、穴の大きいタピオカ用のストローを出すと、ぷすぷす刺さる感触が面白く、何度も繰り返ししていました。

半透明なので中に粘土が詰まっていくのも分かります。

 

 

「ささったよー!」

 

 

中に詰まった粘土を出そうとしたり、指で押し込んでみたりする子や、

ストローの周りに粘土をぺたぺたくっつけていく子もいましたよ。

それぞれの遊び方を見つけ、楽しんでいました。

 

 

 

生活だけでなく遊びの中でも、楽しみながら指先を使っていくことを

これからも保育の中にたくさん取り入れていきたいと思います。

感触遊びをした日には、棚の上にその日遊んだ素材を置いているので、どんな感触か

ぜひ実際に触ってみて下さいね。

 

朝、コーンスターチ粘土で遊ぶ前に、子ども達の大好きな『どうぶつ体操』をして体を動かしてから遊びました。

うさぎやぞう、ごりらなど、色んな動物の動きを楽しんで踊っています!

運動会でも親子で一緒に踊ろうと思っているので、夕方のお迎えの時に一度一緒に踊ってみましょう。

またお声掛けしますね。