• 京都府向日市にある幼保連携型認定こども園のあひるが丘こども園です

 

 

日に日に寒くなってきますね。雪が降っているのを見て興味津々なりす組の子ども達。 雪が降って来たね、と子どもたちに言うと「ゆきー!」「ゆきー!」と寒さなんて気にしない!という表情でベランダに出て見ていました。

今日は粘土で遊びました。いつもは小さくちぎって渡していますが、今日は大きな塊にしたものをちぎって取り遊び始めました。ただ渡すだけでなく渡すところ(遊びはじめ)から”今から何をするの??”と子ども達の興味を引き付け楽しく遊べるようにしています。 大きな塊を持って行く子や、少しずつちぎっては塊を作っていく子がいました。

 

  

長細い物を作りニョロニョロ~と見せてくれる子や、”何つくってるのかな?”とじーっとお友達を見ている子もいましたよ。 両手でギュッギュッと粘土を丸め”おにぎり”や”アイス”に見立てて保育者のやり取りを楽しむ姿もありました。

 

 

 

粘土のかたまりを引っ張り合いちぎったり、ストローを出すとブスブス!と穴をあける子や粘土に刺していく子、太いストローに細いストローを入れてみる子など、保育者が楽しい気持ちや、こんな物出来た!という発見に寄り添い共感していく中一人一人が好きな遊び方を見つけ楽しんでいました。

  

 

 

遊び始めの話し方(今日は粘土で遊ぶよ!今日はいいもの持ってきたよ、見てみる?等)や渡し方、一緒に出す物によって全然違う遊び方が楽しめますね。 りす組ではこれからも様々な物で遊んでいき一人一人が好きな遊びを見つけ遊んでいきたいと思っています。

 

今日のホームページで今年は最後です。長いお休みに入りますが、生活リズムを崩さずに、元気にお正月をお迎えください!また来年もよろしくお願い致します!