• 京都府向日市にある幼保連携型認定こども園のあひるが丘こども園です

今日はひよこ組の子ども達と一緒に史跡公園に散歩に行きました。 「おひさまでてくるかな?」と保育者が言うと「うん!」と元気いっぱいに返事が返ってきましたよ。「こうえんいくー!」と早く公園に行きたい子ども達です。

「かっこいい車だね~」「ワンワンいたよ」「消防車いた~」と見つけたものに興味津々で保育者に教えてくれましたよ。

公園に着くと「おーい!」と遠くにいる保育者や友達の所まで走ったり、溝になっている所を全力で走り抜けて遊びました。

 

走っていると良い物発見!!落ち葉がたくさん!落ち葉を拾い「それっ」と保育者にかけ、びっくりする保育者の反応が楽しく、繰り返し葉っぱを集めては投げていました。

そのやり取りを見ていた周りの子も近くの落ち葉を集めて一緒に投げて遊んでいましたよ。

大人からしたら道に落ちているただの葉っぱかもしれませんが、良い物見つけた!と目を輝かせている子ども達の思いに共感したり、一緒に楽しみ遊ぶ事でとっても楽しい遊びになりましたよ。

落ち葉のかたまりを”消防車”に見立て、大切そうにそっと置いている子もいました。

   

 

 

 

「あれ?先生いないね?」と保育者が言うと隠れている保育者を見つけ、一緒に隠れる子や、「あっち!」「こっち、いた!」と保育者の手をグイグイ引っ張り見つけに行く子もいます。

“せーのーで、わあー!!”と驚かせては又すぐ近くの木や、段差のかげに隠れて、かくれんぼもして遊びました。

  

 

 

たくさん遊んだ後はモリモリご飯を食べました。一人一人の食事量や好き嫌いによって食べる量は違いますが、好きなメニューのおかわりを楽しみにしたり、保育者や友達に見てもらうことで、「見ててねっ!」と自分で食べる姿が増えてきたりす組の子ども達です。

 

まだまだ寒い日がありますが、そんな中でも身体をおもいっきり動かして遊ぶ事も楽しんでいきたいと思っています。

寒くてもたくさん遊ぶと体はポカポカになります!なので、調節のしやすい薄手の衣服を持って来て下さいね。