• 京都府向日市にある幼保連携型認定こども園のあひるが丘こども園です

日差しが強くなってきて、暑いくらいの陽気ですね。

今日はひよこ組の日常をお伝えします。

 

早朝は異年齢で過ごします。

1歳児クラスの子が気になって近づいてきてくれました。

おもちゃをどうぞ。

異年齢での微笑ましい姿でした!

 

まずは朝寝の必要な子は朝寝をして、遊ぶ前に力を蓄えます。

たっぷり寝て、うーんと遊んで、お腹を空かせてから食事にむかえるよう,一人一人の生活リズムを整えていますいます。特に0歳児はこれから心身共に健康に育っていく子ども達にとっての土台となるとても大切な時期です。

 

 

 

はいどうぞ。

頭をぺこりと下げて『ありがとう』

今度は私から『はいどうぞ』

0歳児クラスの子でもこんなやりとりを楽しんでいます。

 

 

欲しいものに手が届くよう、一生懸命手を伸ばして、足の指はしっかり床につけて踏ん張ります。

右手でおもちゃをしっかり掴むため、左の腕で踏ん張って支えていますね。

 

私はこれが欲しい!

先生取れたよ!嬉しいな!

 

 

担任とふれあい遊びもたっぷりしています。

くすぐったり、歌を歌いながらマッサージしてあげると、とってもいい表情をしてくれます。

 

今日は月齢の大きい子は砂場に出ました。

スコップを握って砂をザクザクしたり、容器に入れようとしたり、打ち鳴らして音を出したりして遊んでいました。

 

異年齢の子たちが園庭のスプリンクラーで水遊びをして遊んでいる方を指差ししています。

あ!あれなんだ!

先生!ほらほら見て見て!

お水だよ。気持ちよさそうだね~

 

月齢の低い子たちだって、この暖かな日差しの下で遊びたいですよね。

そんな時は・・・

ひよこ組の窓からはこんな素敵なテラスに繋がっているのです♪

心地よい風が吹いていていい気持ち~

養生中の芝生の緑がまぶしいですね。

子ども達もテラスに出ると手足をいつも以上にバタバタさせて嬉しそうでした。

 

月齢差が大きな0歳児クラスですが、

時にはお部屋とお外に分かれるなど、

きめ細やかにひとりひとりの欲求が十分に満たされるよう日々過ごしています。