• 京都府向日市にある幼保連携型認定こども園のあひるが丘こども園です

台風が近づいてきて昨日から雨続きですが、朝は雨が降っておらず、園庭からはリレーをする幼児組の子達の「がんばれー!」と友達を応援する声が聞こえてきます。

りす組では、朝に給食室から玉ねぎを借りてきて、皮むきのお手伝いをしました。

冷蔵庫に入れてもらっていたので冷たい玉ねぎ!

触ってみて、ひんやり冷たい感触や、ずっしりとした重みを感じます。

 

興味津々で手に取り、ぺりぺりと皮をめくっていくと…あ!白い玉ねぎが見えてきた!

指先で皮をつまんで、茶色い皮だけをめくって、上手に皮むきが出来た子ども達。

給食室にむけた玉ねぎを渡しに行きました。

どんな料理になるのかな?

 

そして、おやつを食べてトイレに行った後には、毎日している朝の体操!

「何の体操するー?」と聞くと、「あわあわー!」と、運動会でする体操を毎日楽しんでいる子ども達です。

 

 

最後の「はい、ポーズ!」のところもかっこよくきまっています。

 

 

 

体操で身体を動かした後は、シール貼りをして遊びました。

大きなシールに小さなシール、赤や青、黄色など、好きな大きさや色のシールを自分で選んで貼り始めます。

 

 

 

 

春には台紙からシールをめくることから難しく、保育者の援助のもと一緒に貼って楽しんでいましたが、繰り返し遊んできた中で、指先の使い方がすごく上手になってきて、今では自分で台紙からめくって貼ってができるようになり、シールも小さいものでも貼れるようになってきました!

また、同じところに沢山貼るのが楽しい子や、丸いしかけの上に貼る子、しかけの輪郭に沿って貼る子、シールで丸を描く子など、それぞれのこだわりを持って貼る姿がよく出てきました。

 

あれ?トンネルがある!何が見えるかなー?

 

トンネルにもシールをぺたっ!トンネルの中にもぺたっ!

 

野菜の皮むきも、シール貼りも、子ども達にとっては遊びですが、その遊びの中で「皮をむいたら白くなってきた!」「どこからむこうかな?ここかな?」「台紙をおさえながらだとシールがめくれた!」「シールをつなげて貼ってみよう」など、色んな気付きや、自分で考えながら遊ぶということをしています。

私たちはその子どもの考えやそれぞれの思いを十分に受け止めながら、一緒に遊びを楽しむことを大事にして、日々保育しています。

 

 

思う存分シール遊びを楽しみ、美味しい給食をおなかいっぱい食べた子ども達は、ぐっすりと眠りにつきました。

今日遊んだシール貼りの紙は、保育室に飾ってあるので、ぜひ見てみてくださいね!