• 京都府向日市にある幼保連携型認定こども園のあひるが丘こども園です

 

台風接近と不安定な天気ですが、今日も園庭にはお稽古をする子ども達の声が聞こえてきます。

最近のこあら組とうさぎ組の子ども達は毎日朝や夕方の時間を使って体操をしています。

中でも運動会でも取り組んでいる日本昔話体操が大好きで「体操しよう!」「桃太郎の体操したい!」と子ども達から声があがり、こあら組とうさぎ組で一緒にしたり、夕方は乳児クラスが集まって皆で楽しく体操をしています。

今日も体操から一日の始まりです。

 

 

体操の後は子ども達それぞれが作った”ハンドル”を持って運転手に変身!

 

 

 

「今日はどこまで行けるかな?」とワクワクしている子ども達。

「今日はお弁当がないね~」という声が聞こえてきました。いつもはあるはずのお弁当がありません。

「お弁当作りに行かないと!」とバスを走らせることにしました。

シ-トベルトは大丈夫?ハンドルはしっかり握った?と安全確認をしてから園庭へ向かって出発進行!

こあら組のバスはこんな細い道も通ることが出来ます!

大変!スピ-ドを出しすぎてガソリンが残り少ない!それぞれ満タンになるまでガソリンを入れます。

子ども達一人一人が運転手の”つもり”になって「私は腕からガソリン入れる!」「僕はお腹から!」とイメ-ジをもって遊びを膨らませていきます。

 

お弁当を探して走っていたら裏山に到着しました。

おにぎり屋さんを見つけて「おにぎりあった!」と嬉しそうな子ども達。

お弁当箱に詰めてお友達と一緒に”いただきます”

春に比べて友達への関心も広がり、「どれ食べたい?」「一緒に食べよう!」など子ども同士、また子どもと大人の中で言葉のやり取りをしながら遊ぶ姿が増えてきました。

子どもの発見や気付きに大人が共感しながら様々な遊びの中で言葉のやり取りを楽しんでいきたいと思います。

運動会は子ども達の大好きな保護者の皆さんと一緒に活動が出来る楽しい時間です!

普段の子どもの姿を見るだけではなく、一緒に身体を動かす楽しさを親子で感じて頂きたいです。