• 京都府向日市にある幼保連携型認定こども園のあひるが丘こども園です

今日から令和2年の保育がスタートしました。

長いお休みの間、体調を崩すこともなく、家族の方々と楽しいお正月を過ごしていた子どもたちです。

 

 

久し振りの登園でしたが、朝からみんなニコニコと笑顔を見せてくれました。

今朝はとっても寒かったですが、だんだんと気温も上がり、遊びに出掛ける頃には、温かい日差しが出てポカポカと気持ちのよい天気でした。

 

ひよこぐみの部屋からすぐに出られる乳児園庭で少し遊びました。

 

段差からも”よいしょ”と自分で下りられるよ。

 

芝の上をいっぱい歩いたよ。

”せんせい、まてまてー!”

 

斜面を登ったり下ったり。

 

”いいものみーつけた”

 

 

 

さあ、今度は広い園庭に出発!!

スロープを通って向かいます。

 

 

園庭に先に出て遊んでいたお友達と合流し、遊びました。

 

”乗り物みたいでたのしいなぁ”

 

お友達が泣いてる!

「よしよし、だいじょうぶ」

 

せんせいがいいものくれたよー!

何だろう?

 

フープを持って歩くのが楽しかったり、かぶってみたり、転がるフープを追いかけたりして遊んでいましたよ。

 

 

こんな面白いものも見つけたよ!

手でこうするとクルクル回るのー!

おもしろいから何回も回しちゃおう!

 

 

安心できる保育者の関わりや見守りの中、子どもたちは自分で動き、挑戦したり発見したりを楽しんでいました。

自らも興味を持って物と関わり、遊んでいく中で、子どもたちはその物のことを知ったり、好奇心を膨らませていきます。

子どもたちの、面白い、楽しいなどの気持ちに共感できるよう、大人も子どもたちと一緒に遊んだり遊んだり、遊ぶ姿を温かく見守っていきたいですね。