• 京都府向日市にある幼保連携型認定こども園のあひるが丘こども園です

朝から寒い日でしたが、ポカポカとお日様が照ってきました。

朝のおやつに‟はっさく”をいただきました。

大きなはっさくを子ども達も持ってみましたよ。

 

 

皮を保育者が剥く姿を見て‟早く食べたいよー”といった様子の子ども達でした。

 

 

そして、久しぶりのお散歩に出発です!

園の周辺をバギーに乗ったり、歩いたりして行きました。

 

 

 

‟おもしろい”‟楽しい”発見をいっぱいしました!

 

溝に草が生えてるね。

 

何かな。触ってみよう!

 

溝の蓋の上を歩くとガタガタおもしろい!

 

 

近くの公園を見つけました。

前にも遊んだことのある公園です。

自然と体が公園に向かっていく子ども達です。

少し遊んでいくことにしました。

 

 

次に向かったのは園の駐車場です。

南天の実が沢山なっています。

お家の方に声を掛けると、南天の実で子ども達が遊ぶことを快く了承して下さり、早速実を取りはじめる子ども達でした。

 

取った実をLG容器の中に入れたり、容器を振って音を鳴らしたり、指でつぶして種を出したり…

それぞれの遊びを十分に楽しんでいましたよ。

 

 

‟いいものみつけたー!”‟わー楽しい!”‟みてみて、できたよ!”と、色んな思いを表情やしぐさ、喃語や一語文で保育者に知らせてくれる子ども達。

その子ども達一人一人の発見や思いに丁寧に応えることで、子ども達はより一層意欲を膨らませていきます。

子どもたちの‟やってみたい”という意欲がどんどん育っていくよう、一人一人の思いを大切にしながら、今後も保育していきたいと思います。