• 京都府向日市にある幼保連携型認定こども園のあひるが丘こども園です

 

今日、朝登園してから、陽先生と一緒に立派な橋を作っていました!!!

以前にも陽先生とカプラで遊んで、凄いもの、楽しいものを作ってくれると期待していたようです。

崩れないようにそーっとそーっと…一緒につなげていきました。

 

そして、給食室から野菜を借りてきて見せてもらいました。

大きな冬瓜です!

手やほっぺで触れ、冷たさや肌触りを感じていました。

 

 

 

さて、今日は、最近のこあら・うさぎ組の身体を動かす遊びをご紹介したいと思います。

 

追いかけっこでは鬼は追いかける、それ以外は逃げる。

かくれんぼでは隠れる人、探す人。など少しずつ簡単な”ルール”の中で遊べるようになってきた子どもたち。

『むっくりくまさん』という遊びでは、「むっくりくまさんむっくりくまさん~♪」と歌いながら、くまさんの周りを歩き、歌い終わると、目を覚まして追いかけてくるくまさんから逃げます!

食べられないように急げ~!

 

 

 

「食べちゃうぞ~!」とくまさんのつもりになって追いかけます!

 

 

「うわ~つかまった~!」

 

 

 

また、みんなでよーいどん!とかけっこをして遊んだりもします。

ジャングルジムにタッチして帰ってきてね!よーいどん!

 

 

他にも、「隠れるし探してや!」とかくれんぼを楽しむ子や

 

 

飛んでいるとんぼを見つけて追いかけて遊ぶ子もいますよ。

 

 

秋ならではの遊びですね。

園庭には他にもダンゴムシやバッタ、アゲハチョウなど沢山の虫たちが顔をのぞかせています。

子どもたちは虫探しの名人です!

 

 

竹のジャングルジムも大好き!

 

 

 

子どもたちは、遊びの中で、「嬉しい」「楽しい」「できた!」「こんなもの見つけた!」「できない~いやだ~」など様々な思いを抱きます。

その側には保育者やお友達、お父さんやお母さんがいて、「ほんとだ!いいの見つけたね!」「みんなで遊んで楽しいね」「次はできるかな」と、思いを共有したり、受け止めてもらったりする環境に在りたいですね。

それは人と関わって遊んでいるからこそできる関わりです。

ご家庭ではどんな遊びをしているでしょうか?

ぜひ公園や近所で遊ぶ際にも、お父さんお母さんも子ども心に返りながら、一緒に遊んでみてください!

 

 

沢山身体を動かして遊んだ後は、美味しい給食の時間!

朝に見た冬瓜がおつゆに入っていました!美味しいね。