• 京都府向日市にある幼保連携型認定こども園のあひるが丘こども園です

毎朝部屋から給食室を見るのが日課のこあら組の子ども達。

今日は白菜がある!ちょっと借りてこようか!と部屋に借りてきました。

大きくて冷たい白菜にみんな触れてみます。

寒い中だけれど、白菜を触って「つめたーい!」と言う子ども達はとっても楽しそうです!

小さくちぎって、給食のお手伝いをしました。

「ここ(芯)は固いね」

「ちっちゃくなった!」

 

 

「はみがきみたい!」と白菜はぶらしでしゅっしゅっしゅっ

 

 

 

さあ、おやつを食べよう!と準備していたその時!

不審者の侵入を知らせるアナウンスが鳴りました。

今日は避難訓練です。

びっくりする子どももいましたが、速やかに保育者の近くに集まり、静かに隠れることができました。

 

 

 

おやつを食べた後は、お部屋で遊びました。

○○のつもりになったり、ごっこ遊びが楽しくなってきた子ども達。

 

お母さんのつもりの子たちは美味しいごはんを作って…

 

 

大きなお弁当を持って…

 

 

ピクニックへしゅっぱつ!

 

 

こちらはお店屋さんのつもりになって遊んでいます。

「いらっしゃいませ~」

「あ!お皿がないわ!買ってくるわ!」と買い物に行く子もいましたよ。

 

 

「バナナといちごとみかんも買ってきたで~」

 

 

 

こちらでは、バスや電車、またはおうちに見立てて中に入って遊んでいます。

「ドアが閉まります、ご注意くださーい」

「ピンポン押して入ってきてね~」

 

 

「ピーポーピーポー」

と救急車もやってきました!

泣いてる子やこけちゃった子がいれば

「どうしたの?だいじょうぶー?」とかけつけてくれますよ。

 

 

今日はつもりやごっこの世界の一部分を紹介しましたが、子ども達の遊びの世界はもっと幅広くて面白いです!

友達とのつながりも出てきましたね。

言葉でやりとりすることによってさらにつもりは広がっていきます。

ぜひおうちでも、このごっこの世界に大人も入って遊んでみてください。