• 京都府向日市にある幼保連携型認定こども園のあひるが丘こども園です

 

今日はりす組、こぐま組、こあら組でコーナ遊びをしました。

りす組→セロテープの芯とS字フックを使った素材遊び。

こぐま組→箸ブロックと素材を使った遊び。

乳児ホール→運動遊び。

子どもたちは好きなコーナーへ行き遊びました。

 

 

☆乳児ホール=運動遊び

運動遊びでは、マットで作った山やジャンプをして遊べる一本橋などで遊びました。

高いマットの山だってほらっ!!元気いっぱいにジャンプしていましたよ。

ジャンプをする子もいたり、スルスル~っと座ったり、転がっていったり、寝そべって滑る子など一人一人が好きな滑り方で楽しんでいましたよ。

  

 

 

バランスの悪いところも身体をそらしたり、腕を伸ばして上手にバランスを取り渡っていましたよ。渡れたら嬉しそうに保育者の方を見る子ども達でした。

 

 

☆こぐま組=箸ブロック(お箸を作る工程で出てるく切れ端)

箸ブロックのコーナーには何だかちいさな箱や、少し太めのストローが沢山。ストローにぴったり箸ブロックが入るのが楽しく真剣な顔で黙々と箸ブロックを入れている子どもたちです。”ピッタリ”が楽しく箱に綺麗に入れて遊ぶ子もいましたよ。

 

     

 

 

☆りす組=芯とS字フック

こどもたちが手の届く高さにネットを貼り、いくつかS字フックに芯をぶら下げて置いたり、色々な仕掛けに最初からS字フックをぶら下げておくことでそれをきっかけに遊び始める子どもたちです。少し手を伸ばせば届くので、一つフックが付けられると「あっ!」と保育者の方を見たり、出来たと教えてくれる子もいましたよ。

同じものが沢山あるので 楽しい と思ったことを繰り返ししていました。友達の楽しそうな姿を見て同じように遊ぶ子の姿もありましたよ。

  

 

 

今回のコーナー遊びのように、色々な素材遊びや、運動遊び等、子どもたちが周りの物に感心を持ち、自分で好きな遊びを見つけ、遊べるコーナー遊びを今後も楽しんでいきたいと思っています。

 

そして、7月21日(土)から7月31日(火)の11日間は、夏の交通事故防止府民運動の期間となっています。子どもに、交通法規の遵守を習慣づけるとともに、保護者に対して子供を保護する意識を高めて頂きますようお願いします。